2018年8月10日 (金)

耐久茶屋レポート

行ってきました、耐久茶屋!

耐久茶屋とは筑波サーキットで行われるミニバイク(125cc以下)5時間耐久レースです。

チームケイズからは、普段KTMワンメイクレースに参戦しているメンバーで構成して2チームがエントリーしました。その他にも一緒に活動しているメンバーチーム2チームが参戦したので数十人の大所帯、賑やかなエンジョイレースとなりました。

テンチョーチームはお決まりのKTM RC125。今回はマシンも極力軽量化し、レーシングパーツもテンチョー390RCからほとんど移植させ、スペシャルと言っていい仕上で臨みました。

もう1チームはグロムカップ用のHRCモリワキコンプリートで挑戦。乗りなれていないミニサイズをどうやって乗りこなすかが最大の課題でした。時間がなかったもので・・・

Img_20180805_091620


Img_20180805_092417


Img_20180805_103440

約50チームがそれぞれ3~5人構成で5時間を走りぬく。ただそこに今回は殺人的な暑さが大きく立ちはだかります。全力で走行できるのはせいぜい1人40分程度。

ただテンチョーチームは考えました。残念ながらRC125はライバルチームのマシン達、YZF125やアプリリアRS125に比べスピードが出ず、ハンデを抱えています。それならタイムロスの多いピットインでのライダー交代や給油を極力減らすしかない!と言う戦略に出たのです。一周で2~3秒の差があるのだからライバル達が一度ピットインする時間早くても60秒は掛る。つまり25周分のマージンを得る為に本来40分で交代するところを一人100分走り、3人のライダーだからピットインは5時間で2回と言う前代未聞な賭けに出たのです。

Img_20180805_104934

これにはライダー3人共体力を含めたライダー自身のベストなコンディション作りに集中してレースに臨みました。勿論ライダーにはホントに無理そうなら交代していく。と自己判断に任せ限界まで走ろうと決めたのでした。

Img_20180805_120735

作戦は功を奏し、2秒遅れながらも1時間経過で暫定1位、第一ライダーのK森くんはベストタイムを更新し続けトップに浮上しました。そこから各チームのライダー交代やピットインなどで1~3位の順位を入れ替えました。第二ライダーは我がチームのエース筑波のクラスレコードも持つ高Nくん。序盤には1位か2位というところを1位に確定させ最後のライダーテンチョーにバトンタッチ。ここまで2人のライダーが限界超えるような疲労を暑さと戦い優勝が見えてきました。

チームピットの雰囲気も完全に優勝モード。残りの100分トラブル無く走るきれば間違いなく優勝だ。

Img_20180805_121512


Img_20180805_123140

ところが、問題が起こったのです。2位チームが周回ごとに3秒ほど追い上げてきている事をボードで確認し、見間違いと勘違い(K森さんに交代サインか)して勝手にピットインしてしまったのです。このことで恐らく2分ほどロスをしてしましました。わたしの勘違いだったのですぐにコースに復帰しましたが、結果としてこのことが最後に響きました。5時間の耐久レースは僅か10秒差で優勝を逃す事となりました。

表彰台にのれたものの、負けた2位にクルー達は冷ややかな眼差し。それもそうです。酷暑のこのレースで過酷な継投を考えたテンチョーのみが自ら作戦をぶち壊したのですから・・

Img_20180805_162627


Img_20180805_163325

その後もチーム内は、今年で最後。千秋楽と名付けた耐久茶屋の最後にクラス優勝!で飾れなかった悔しさに包まれました・・・

酷暑のなか、転倒もなく熱中症になる事も無く、2チーム共大健闘のチームケイズでした。

Img_20180805_163504


Img_20180805_173120

この悔しさは次回晴らすぞー、と、もう来年は無いのね・・・・お疲れさまでした~!ライダークルー、応援の方、ホントにお疲れさまでした!

Img_20180805_163528

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 8日 (日)

原チャリツーリング、2018!

恒例の原チャリツーリング、今年も行きます!!

8月13日、14日(2日間)

目的地 志賀高原

参加資格  125cc以下(原付ニ種) 50cc大歓迎!!

雨天決行 お申し込みはケイズ 片倉まで!

詳細は店頭にて!

Cimg4226

Dsc_5651




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月23日 (土)

アドベンチャー 再認識!

先日,自家用の1050アドベンチャーでツーリングに行ってまいりました。

オートバイ組合のツーリングで、販売店さんの店主のツーリングです。

今年もこの時期なので、雨の確率が高く、予報通りの大雨となりました。

今回も雨男の私のせいにされました・・・・

さて、気持ちを切りかえてツーリングを楽しまないと、と言う事でお仲間の方たちのバイクとチェンジして試乗させて頂きました。

気になるのはアフリカツインとVストロームなのでこの2台を乗らせて頂きました。

自分が乗ってる1050アドベンチャーとの比較試乗的な感じになっちゃいますが

あくまでも私の見解として、ご了解ください。



Img_20180620_131338_2

アフリカツインはシートがハイシート設定との事もあって、左右に少しフラッとしたときに、車重からか重さが来る感じで足つきがしっかりしていないと立ちごけしそうで結構不安でした。DCTと言うのでしょうか、いわゆるオートマも初体験。始め戸惑いましたが、慣れて来ちゃうといいですね。スポーツモードとの切り替えがすぐに出来て 状況によって好みのフィーリングで走れます。シフトアップダウンをシフト操作でいつでも変えられるし、ゆったりもガンガンも自由自在な感じですね。サスペンションはすごく柔らかくダートでの初期性能は 乗り心地を含めすごく良さそうです。重さを感じるのでダートで速く走れせるのはそれなりにテクニックが要りそうな感じでした。

Img_20180620_100351
視界にいつも入るメーターは流石ホンダ、さすが国産と思わせるくらい視認性も良く、知りたい情報がきれいにディスプレイされてる感じです。全体卒のない出来の良い優等生な感じは想像通りでした。

Img_20180620_132651

続いてスズキ Vストローム1000。これは完全にオンロードバイクでしょうね。チカラの出方も足回りもワインディングでピターッと思い通りにライディング出来ますね。重さも感じず快適なロングツーリングは勿論ですが、気軽なチョイノリも充分行けますね。

2台のバイクはどちらもアドベンチャーにくらべると柔らかい乗り心地のイイバイクでした。

私の1050アドベンチャーはオフタイヤを履いていたのでグリップ感少し低いですがヒラヒラの軽快感があります。

一番大きく感じたのは、どちらもバイクもビッグツインのドカドカ感がスゴイなと思いました。

一方1050アドベンチャーは同じビッグツインでもショートストローク、回転でパワーを出すためにあまりドカドカ感はありません。ただこのドカドカ感が無いことがアクセルをオンオフする時のギクシャク感が無い事につながり、アクセルのオンオフに気を遣わずにいられます。

これはマスツーリングの回りにペースを合わせる時に60~70km前後で微妙なアクセルオンオフは一番多い場面なので非常に楽に乗れました。

アフリカツインとVストロームはチカラがドカンですので、開け初めでもグッと前に押し出され、オフにするとエンブレがグンと効く感じ、アクセルに気を遣う感じでした。

1050アドベンチャーが低中速を意図して造りこんだとは思えないのですが、結果として長い時間乗って疲れないのは、こういうバイクなのかなと思いました。

交換に1050に乗って頂いた二人にもアドベンチャーは全体的に硬いイメージと頂いたように、ダートで走破性などスポーツ走行に向いているのはアドベンチャーで、私の好みと言う事で再認識しました。

ドアオブアドベンチャーやWEX、エンデューロなどにも参戦しボロボロになって来たアドベンチャーだけに愛着も少し出てきていて、今回のインプレッションも大分、自分のバイクをひいき目なインプレとなってしましました。

バイクそれぞれの良さがありますよね!

けど、みんな自分のバイクをひいき目に観ていいと思いますよ。乗れば乗るほど奥深く感じるようになって愛車になっていく。それが当然だと思います!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 2日 (土)

790DUKEに乗りたい!

待望のデビューを迎えた KTM 790DUKEが登録を済ませいよいよ走り出します!

 

実は試乗車にしようと思っていたのです、ホントです。

 

ですが思っていたより入荷数が非常に少ない為に、少しでもお客様にお渡ししなければ!

 

と苦渋の決断で試乗車計画を少し先延ばしします。いつか絶対に試乗車を用意しますのでご理解のほど宜しくお願いします。

Dsc_1705_2

790DUKEの情報を知ってからすぐにPOWER PARTをどっさりオーダーして首を長くして発売を待っていたテンチョーです。

Dsc_1713

Dsc_1712

KTM初のパラレルツインエンジンは完全に新設計、独自の75°クランクはRC-8や1290SUPERDUKE-RのVツインエンジンと同じ角度を採用。その事でVツインを感じさせる鼓動感を発生させます。103馬力のショートストロークエンジンの吹け上がりは鋭くスイーパースポーツモデルのようです。

電子制御もフル装備です。ABS、トラコンは元よりモータースリップコントロールも装備、オートシフターもアップダウンどちらも可能です。

790DUKEの魅力は一言では言い表せないほどですが、今回は少し視点を変えてポジションについて観てみたいと思います。

690DUKEからの継承モデルと言って間違いはありませんが、コンセプトは大分違うものとなっています。690DUKEはターミネーターというジャンルでオフ車を改造してオンロードにしたような感じです。

790DUKEはハンドル角度も自然で垂れ角もありロードネイキッドとしてしっくりきます。

Dsc_1704_2

690DUKEは横一文字風、オフハンドルをそのまま装着しているようです。開き気味な感じはこのみがありましたね。


Dsc_1709_2

Dsc_1708

790DUKEはマウント位置を4段階に変更が可能です。取付位置が上下2か所。ハンドルホルダーがオフセットしているので上下に換える事で位置が数センチ変わります。

ライダーに合ったポジションが選べますね。

ステップ周りも大きく変わりました。シンプルですが逆シフトにも対応など完全にオンロードです。社外のバックステップもラインナップが揃いそう。


Dsc_1707_2


Dsc_1710_2
690DUKEはフレームマウントでこれはオフ車な感じでしたね。ロード用のバックステップにするには結構大変でした。

Dsc_1706_2

790DUKEのシート高は825mm、690の835mmに比べ10mm下がってる訳ですがそれ以上に足つきが良いように思えます。その訳はこの絞りですね。座面は広いのでそれほどおしりは痛くならないはず。

どれも長い時間乗らないと解らないと思いますが、690DUKEに比べすごくロード寄りの乗り易いバイクになっている事は間違いなさそうです。

毎日790DUKEを目にしていると自分で乗りたくなって、登録してしまいそうで....怖い

 

入荷数が増える情報が入り次第、速攻試乗車下ろします・・・暫しガマン!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 8日 (火)

トミン走行会のフォト

トミンサーキット走行会参加の方お疲れさまでした。

スマホ写真ですが、ご覧ください。

Fb_img_1525729223017


こちらをご覧ください。

https://photos.app.goo.gl/plZWhI3gucMxE98r2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 4日 (金)

6日 トミン走行会

6日は トミンサーキット走行会です。

参加予定されている方へ集合時間のお知らせです。

ケイズから出発の方、ケイズに9時集合出発です。(時間厳守)

現地集合の方、 11時15分 です。

現地トミンサーキットは午前中一般走行しておりますので、空いている駐車場にてお待ちください。

11時30分より 受付開始いたします。

当日の天気は良好ですね。暑い一日となりそうですので熱中症にならないように水分補給などの対策をお願いいたします。

昼食の用意はありませんので各自ご用意ください。

当日ケイズから試乗車を用意いたします。

車両は、KTM 250DUKE RC125 

カワサキ Ninja400 KSR110

ご希望でご試乗頂けますのでお友達をお誘いください。

20150505_113914

それでは当日宜しくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月25日 (水)

筑波ツーリストトロフィー参戦記

4月21日筑波サーキットで行われたサンデーレース、筑波ツーリストトロフィーAPRILにチームケイズの9名が参戦しました。

このレースのクラスにはKTM390、250CUPがありKTMワンメイクでRC250と390、250DUKEと390DUKEが参加可能です。そしてその中でノーマルのストッククラスと改造OKのカスタムクラスがあります。

そのほとんどはRC390のカスタムに集中していますが、自分で所有しているマシンで出るという意味でノーマルや250で出場する事も出来ます。

ケイズからはRC390のカスタムに3台、390DUKE2台、ストッククラスにRC390が2台、390DUKE1台、RC250カスタムに1台と幅広くエントリーしました。ライダーのレース経験も様々で昔全日本レースに参戦していたベテランから、最短で1ヶ月前に初めてサーキットを走ったという超初心者もチャレンジします。レベルは様々でも安全に楽しみたい意識が同一な事がなしてる業です。

今回も30台とフルグリッドに近い人気クラスでしたが予選落ちは無く、決勝グリッドを決めるための予選が15分間行われます。決勝で少しでもいいポジションを獲得できるように全力で走ります。

Img_0985

今回はKTMよりビッグサプライズ。ななナント、元世界チャンピオンの原田哲也選手がKTMCUPを応援に来てくれました~!

レジェンド原田にケイズのマシンに跨って頂きチーム員が囲み記念の一枚!お宝の一枚となりました。原田選手はこの後レースにも参加して頂きKTMCUPは大盛り上がりです。

一緒にレースが出来た事、最高の感動を頂きました!

Img_1102
とても気さくに我々に声をかけて頂き、テンションは最高潮です!みんなKTMに乗っていて良かったと思った瞬間です。

さて、肝心のレースの結果です。

Img_1152

チーム内最強の会長、高N氏、予選振るわず9番手クラス3位。ストッククラスのレコード保持者ながらも決勝は最大のライバルのブロックに苦しめられチーム員のK森氏にも先を譲っての3位。

Img_1163

元全日本ライダーのK森氏、20年ぶりのレース2か月前からの練習開始で感を取り戻しつつ流石の予選決勝共にストッククラス2位。

Img_1041

前回予選転倒リタイヤのK島氏がケイズ内予選最高位の8番手、決勝は残念ながらマシントラブルにてリタイヤ。

Img_1179

大躍進したのが新型390DUKEで挑戦のチーム内最年長の鈴K氏。レースまで2週間でベストタイムを3秒詰める驚異の成長。高N氏に迫る勢いで総合12位。チーム内カスタムクラス1番。

Img_1165

最若手清Z氏は今回が初レース。ベストタイムを更新しつつ17位完走。

Img_1067

前回のレースに直前のケガで悔しい思いをした野K氏は気合充分。ベスト更新の20番手スタート。正D氏とのチーム内バトルを制し19位チェッカー。

Img_1166

悔しい思いの正D氏、若干練習不足もあり本来の力を残すレースとなるも20位完走。

Img_1184

最も頑張りを見せたのが1か月前にサーキット初走行したばかりでレースに挑戦のK島氏。始めてと思えないほど堂々としたレースで24位完走。

Img_1136

ワタクシ店長は今回250クラスにチャレンジ。台数が少ないと思っていたらそのライダーもなんと出走せずと想定外のレースになっちゃいました。

と言う事で、事実上の不戦勝で見事クラス優勝!?うれしいやら悔しさもある微妙なレースとなりました。それでも390相手に16位と納得のレースでした。

何はともあれチーム員転倒無しの終わり吉。次回が楽しみ!

Img_1196

こんな事ある?1台中1位。原田選手と握手、レース最高、KTMありがとう!


Img_1230
チームケイズ2位、3位。独占する日がくるかも!

Img_1240

ライダー集合で一枚。お疲れさまでした。もっともっとチームケイズ増強しますよ!

ヘルパーさん、応援に駆け付けてくれた皆さん本当にありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月18日 (水)

DOOR OF ADVENTUER 行ってきました!

先週末の千葉のマザー牧場を拠点とするDOOR OF ADVENTUREに行ってまいりました。

今回2回目でケイズからは4人の精鋭で臨みました。前回は完走できなかったので目標は当然完走です。

今回参加者は過去最高の160台オーバー、毎回参加者が増えているようです。人気の高まっています。

ですが事前からの悪天候の予測通り、雨と風、春の嵐の中の厳しいまさにアドベンチャーなイベントとなりました。

Dsc_1453


Dsc_1452

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月13日 (金)

790DUKE試乗

KTM790DUKE 試乗してきました~!まずはチョイ動画を!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 3日 (火)

恒例のオフロード&BBQ!

恒例のオフロード&BBQ 開催です。

日時 5月3日(木)憲法記念日

日光しのいサーキットのオフロード場

参加費 ¥2000 (昼食BBQ含む)

雨天決行 (悪天候の場合中止あり)

初心者 大歓迎 オフ車無い方に貸出あり(事前申し込み)

オフロードに興味のある方の参加をお待ちしております!

申込みはケイズスタッフまで!

Cimg2037


Cimg2031


Cimg3987

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«アップマフラー