« オフロード練習会! | トップページ | 今週末ツーリング »

2018年1月23日 (火)

2018 KTMディーラーコンベンション

行ってきましたKTMディーラーコンベンション2018

今回はマレーシアで開催です。全国からKTMディーラーが一堂に会し、READY TO RACEのKTMらしく国際サーキットのセパンインターナショナルコースでの試乗会とあわせ盛大に開催されました。

Cimg5370


Cimg5369_2

試乗会ではRC390CUP、レース専用車1290SUPER DUKE-RSUPERDUKE GTに試乗しました。勿論国際サーキットですから、レーシングスーツ、ヘルメットなど装備も現地まで持参し本格的なサーキット走行でした。マジ全開走行なのがKTMの試乗会!

Cimg5371

本題は2018 KTM NEW MODELの790DUKEです。

完全なるオールニューのエンジンパラレルツインLC8c(リキッドクルード8バルブ・コンパクトの意味)は何と105馬力、(たぶん日本仕様もこのまま?)169kgの重量からして、かなりキレキレなマシンだと言えます。

Dsc_1142

残念ながら試乗は出来ませんでしたが、実車の展示がありじっくりと見る事が出来ました。

後輪は180を履いてますね。カチ上がったサイレンサーは見た目の迫力だけでなくサウンドもかなりイイそうです・・(お楽しみに!)

Dsc_1139

パッと見、コンパクトな事が分かります。デザインも690DUKEとかなり違いますね。兄貴分の1290SUPER DUKE-Rの流れを受け継ぎシャープなラインが特徴です。エンジンの横幅が非常に締まっていてフレーム取付位置が高く、深いバンク角が可能なレプリカ並みな重心になっています。170cm(自称、ホントは169cm?)のテンチョーが跨って、どうですかなり小さく見えませんか、足つきもいいし自然なポジション、もしかして日本人の為に?と言いたくなります。

Dsc_1144

こりゃ、乗ってもらいたい!!テンチョー試乗車計画、発進!!

Dsc_1140

絞られたシートで足つき安心、タンクのエッジも効いてとてもグラマ~

パワーパーツにはローシート、ローダウンサスも用意されるとか・・

Dsc_1143


サスWP,ブレーキブレンボは無問題、今回キャスターが2.5度変わってコーナーリング性能が格段にアップしたとみられ、ラインの自由度をきっと感じる事ができます。

装備もSUPER DUKE-Rに搭載される最新のテクノロジー全てを受け継いでいます。

クイックシフターはUP.・Down、スリッパークラッチは当然の事、モード切替でトラックモード(サーキット)トラコン、スーパーモトモードでリヤのみスライド、ウイリーコントロール(オプション?) ツアラーアイテムとしてフルLEDランプTFTフルカラー液晶モニターマイライドはオプション、etc・・・ライダーをワクワクさせる装備満載!

軽くて、速くて、までは簡単かもしれませんが、そこに乗り易いを持ち合わせたマシンは中々難しいですよね。690が持っていた速くて軽いに乗り易さをプラスしたマシンがこの790DUKEになりそうです。

今年は790DUKEが”ガッツリ走るライダー”達の話題の渦に!

|

« オフロード練習会! | トップページ | 今週末ツーリング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1301651/72750690

この記事へのトラックバック一覧です: 2018 KTMディーラーコンベンション:

« オフロード練習会! | トップページ | 今週末ツーリング »