« トミン走行会のフォト | トップページ

2018年6月 2日 (土)

790DUKEに乗りたい!

待望のデビューを迎えた KTM 790DUKEが登録を済ませいよいよ走り出します!

 

実は試乗車にしようと思っていたのです、ホントです。

 

ですが思っていたより入荷数が非常に少ない為に、少しでもお客様にお渡ししなければ!

 

と苦渋の決断で試乗車計画を少し先延ばしします。いつか絶対に試乗車を用意しますのでご理解のほど宜しくお願いします。

Dsc_1705_2

790DUKEの情報を知ってからすぐにPOWER PARTをどっさりオーダーして首を長くして発売を待っていたテンチョーです。

Dsc_1713

Dsc_1712

KTM初のパラレルツインエンジンは完全に新設計、独自の75°クランクはRC-8や1290SUPERDUKE-RのVツインエンジンと同じ角度を採用。その事でVツインを感じさせる鼓動感を発生させます。103馬力のショートストロークエンジンの吹け上がりは鋭くスイーパースポーツモデルのようです。

電子制御もフル装備です。ABS、トラコンは元よりモータースリップコントロールも装備、オートシフターもアップダウンどちらも可能です。

790DUKEの魅力は一言では言い表せないほどですが、今回は少し視点を変えてポジションについて観てみたいと思います。

690DUKEからの継承モデルと言って間違いはありませんが、コンセプトは大分違うものとなっています。690DUKEはターミネーターというジャンルでオフ車を改造してオンロードにしたような感じです。

790DUKEはハンドル角度も自然で垂れ角もありロードネイキッドとしてしっくりきます。

Dsc_1704_2

690DUKEは横一文字風、オフハンドルをそのまま装着しているようです。開き気味な感じはこのみがありましたね。


Dsc_1709_2

Dsc_1708

790DUKEはマウント位置を4段階に変更が可能です。取付位置が上下2か所。ハンドルホルダーがオフセットしているので上下に換える事で位置が数センチ変わります。

ライダーに合ったポジションが選べますね。

ステップ周りも大きく変わりました。シンプルですが逆シフトにも対応など完全にオンロードです。社外のバックステップもラインナップが揃いそう。


Dsc_1707_2


Dsc_1710_2
690DUKEはフレームマウントでこれはオフ車な感じでしたね。ロード用のバックステップにするには結構大変でした。

Dsc_1706_2

790DUKEのシート高は825mm、690の835mmに比べ10mm下がってる訳ですがそれ以上に足つきが良いように思えます。その訳はこの絞りですね。座面は広いのでそれほどおしりは痛くならないはず。

どれも長い時間乗らないと解らないと思いますが、690DUKEに比べすごくロード寄りの乗り易いバイクになっている事は間違いなさそうです。

毎日790DUKEを目にしていると自分で乗りたくなって、登録してしまいそうで....怖い

 

入荷数が増える情報が入り次第、速攻試乗車下ろします・・・暫しガマン!

|

« トミン走行会のフォト | トップページ

790DUKE」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1301651/73601920

この記事へのトラックバック一覧です: 790DUKEに乗りたい!:

« トミン走行会のフォト | トップページ