« 耐久茶屋レポート | トップページ | KTM 390CUP »

2018年8月18日 (土)

原チャリツー2018

行ってまいりました2018ケイズ原チャリツーin志賀高原。

今年で何十何回目、もう30年近くやっているので何回目かわかりませ~ん!

今年も厳しかった~、病みつきになった精鋭が遠路志賀を目指します。

スタートして30分、早くも問題発生、2スト50ccのイタ車、ICEが電気系トラブルでエンジンストップ。一旦店に戻りトラックで引き上げ。代車の50ccJOGに乗り換えリスタート。ここで既に1時間半のロスタイム。ま~今日中に着けばいいのだから気を取り直してGO!

先発隊には先に行ってもらいお昼を予定している佐久のラーメン店で合流予定。寄居からスタートの鎌Tさんともここで合流予定。後発の我々が何故か先に着いてしまい先発隊が来ない、と言う不思議な現象が・・・先発隊ルートは土砂降りの局地的豪雨に襲われたらしいのでした。
 

Img_20180813_123003

Img_20180813_142822

目星は付けていたものの、美味しくて雰囲気も良いアタリのラーメンやさんでした。特にキレイナお姉ちゃんだけのスタッフだったのが、何よりでした。また行こうと決めました。(ラーメンとりたま)

Img_20180813_160255

いよいよ本格手な峠セクションです。急坂登り50cc達のスピードは、15kmほど、約10km峠を登って頂きます・・・


Img_20180813_160803

125cc達は余裕で長い休憩となります。忘れた頃に50cc達が到着します。勿論先を急ぐわけですからすぐに出発します。ちょっと可哀想ですが・・・

下りは何故かダートです。高峰高原チェリーラインを浅間方面に抜けるルートです。

Img_20180813_161930


Img_20180813_161931
途中で最大の問題です。志賀高原には万座ハイウェイ一本道ですが、下調べしてませんでした、そうです125cc以下通行禁止です。お先真っ暗、周りも真っ暗、疲労感が絶望感に変わりました。ココからはぐるっと遠回りして宿を目指します。ライダーの疲労困憊口数も減って行きます。

Img_20180813_215600
朝8時に出発してから12時間。20時過ぎに宿泊先に無事到着です。2時間待って頂いた夕食を済ませ、温泉で汗と流して、からの~お楽しみ宴会。場所はホテルの玄関。

高原の夜は気持ちいいです~!

Img_20180814_080414

翌朝快晴!さあ帰路だ、だがすんなりは帰れない。新潟津南方面に向かいそこから南下する遠回りルートしか無い。


Img_20180814_092423

途中の秋山郷に寄ろうとしたが・・・帰路を急ごうとの声に賛成。その後は順調に湯沢ー水上ー望郷ラインー道の駅川場田園プラザに寄りー赤城ー上武ー熊谷ー加須

無事に18時ケイズ到着。8時に出発したから10時間。2日で22時間の原チャリの旅。

2018ケイズ原チャリツー、これにて終了。

今回、奇跡だったのは雨男のテンチョーが一度も雨に降られなかった事、天気予報でも関東全域局地的豪雨だったにも関わらず、上手く避ける事が出来ました。

これからは晴れ男と呼んで頂きますよ!

次回はあなたの番ですよ!

動画はイガチャン号、VOXからの動画で~す!良かったらご覧ください。

|

« 耐久茶屋レポート | トップページ | KTM 390CUP »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1301651/74056326

この記事へのトラックバック一覧です: 原チャリツー2018:

« 耐久茶屋レポート | トップページ | KTM 390CUP »