家庭とバイク

2011年3月21日 (月)

お父さん、サインしてッ!

2011031308110000 

埼玉県の公立高校は今現在も三ない運動を実施している。

昭和52年2月に県の教育委員会で決定されて以来35年を経た今でも行なわれている。

その成果か?ほぼ毎年交通事故死亡者数は減少し続けている。

若年層のバイクによる死亡率も当然減少し続けており、良いコトだ。

だが法律上は、16歳で原付や二輪免許が取得可能である。教習所でも問題無く受け入れる。

高校の進学率や三ない運動をしている学校の割合を考えると、”一般的な人”のほとんどが法律で許可されている権限を、禁止されていると言う事になる。

なんなら、法律でそれを決められたほうが気も収まるののだが。

三ない運動についてはオートバイ組合で撤廃運動を粛々と進めている案件だが、論議は平行線のままで先が見えない。

今年から公立に進学する子を持つ私としては、複雑である。

三ない運動を理解し、保護者としてバイクに乗らせない事を、約束しなければならない。

娘に、「ウチの父はバイク屋だから、そんな約束は出来ない!と学校に言え」と言ったら・・

「・・・・・マジで そんな事言えるとおもうー カンベンッ」って娘に返され・・・

「何、言ってんのー、早く書きなさいよー」と、横からカミサンの矢が飛んできた。

「父さんの・・・・・・・負け・・・・・なのか・・・・」 クーッ・・・・・

「そんな問題じゃないでしょーッ サインしなかったら入学できないよーッ」 グサッ・・・・また来たッ!

「てかッ、バイク持ってきてくれれば乗るしー」とムスメ・・

「ビーノかっ、ゼットアールかー・・・・」   シ~ン

「・・・・・学校で禁止なんだから、乗ってはいけないッ」 と父親。・・・・・・あぶなかったー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月 3日 (金)

半分仕事で半分遊び・・・・

2010120114090000

今週の定休日は、一年半ぶりの芝刈り?に行ってきました。

販売店の中でもゴルフ好きの面々が年末の月初と言う多忙極まりなきはずのこの日に1人の欠席者も遅刻者もナシに執り行われた。

まーゴルフをやっておる者には独特なルールと言いましょうか、「仕事は遅刻しても遊び(ゴルフ)は遅れるな!」、「ゴルフのキャンセルは信用を無くす」とか、ごもっともな事を並べ「ゴルフはマナーから」と正当化してますから、普段はあり得ない4.5時起きでもキッチリと目を覚まします。

わたしの場合も”休みの遊び”と言う枠を超え”仕事”とは言い切れませんが、まーそれなりに必要なお付き合い、と定義付けております。

当日は兼ねてより予定のあった、小学生のムスメ2人の校内持久走大会の日だったのですが、家庭内では、”どうしても避けられない重要な接待ゴルフ”という事で、代わりにカミサンには仕事の予定を他の人に変わってもらい学校に行ってもらいました。

そこまでして行く訳ですから、終始、仕事に関係している話題をほのめかす には神経を遣います。

仕事柄、ツーリングやレースなど、遊びなのか、仕事なのか・・・自分でも分からなくなる事があったりして、その時は”仕事”と言う事にすれば間違いなき事は学習するようになりました。

モトクロスでケガをする時も、バイクのテクニックを上げてお客さんに指導するため、と言う意味で仕事を成り立たせる。バイクでサーキットを走ったり、モトクロスをやったりする事は仕事、すなわち プロ!と言う事になる。

レースでメシを食ってる訳ではないけれど、レースに出る事は ”メシ”に関わっている、事になる。それがどれくらいの割合かを自分で決めているだけだ。 それが、およそ、半分 だ。

骨折のプレートを抜いて2ヶ月が経ち、先日、レベルはどうであれオフロードレースに出て、汚れモノを洗濯に出しても 何も言われなくなってきた・・・・少し風がやんできたか・・・

家庭内ではそれどころじゃない様子だ。長女は受験で、今まで突きつけられていた刃先はわたしの喉元を離れて、ムスメの方に向かいつつあるみたいだ。

ムスメに少しの同情などする懲りない勘違い父親が・・・わたしです!

年末は、エンデューロ!でるぞー!イェーイ!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年9月 9日 (木)

先生、何時になったら会えるの・・・・

2010090811350000

ここのところの診察では、担当医に見て頂く事が出来ず、プレートを抜く手術の見通しが全く見えずにイライラと言うか悶々と言うか・・・・

前回の診察の時は、「いつなら○○先生の診察ですか!」と多少イラッとしながら今日の予定を立てた のに、何か嫌な予感・・・・

何となくだが、向かって来る時に病院にドクターヘリが着陸してたみたいだったから・・・

それかどうかは解らないけど、急に手術が入ったらしく、今回も違う先生と初対面する事になった。

もちろん、「わたしが決める訳にはいかない」と言われ、「そりゃそうですねー」と脱力して答える。

「なら、○○先生が手術日程決めてください、出来るだけ合わせますから」と今回も数分でドアを閉めた。

予定が立ったとしても、突然、救命手術が入る確率は低くない。あくまで救急救命の先生だから。

そりゃ解る、解るけどさー・・・・・

この際、誰でもいいよーやってくれるんならさー、他にもこんなにいるんだからさー

と、医師一覧を横目に見ていじけながら外に出た。

来た時は止んでた台風の雨が 思い切り降りだした。 んーだよッ と濡れるの覚悟で車まで走った。ドアを閉めて「チキショー」と言った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 2日 (金)

バイクで帰宅

P6100026

たまたま、今日はバイクで帰ろう!

と、いつもと違う気分で「ただいまー」とドアを開けると、一番下の娘が、ヘルメットを見て、「ママーッ、パパがバイクに乗ってるー」と奥の方まで聞こえそうな大きな声で・・・・

小学低学年の、悪い物を見つけて、手柄を上げたように、「いーけないんだいけないんだー」と言うアノノリだ。奥では先日レースで使ったツナギの下に着るインナースーツを部屋干ししようとしている妻の姿、「奥の方にあったのよねー、コレ!」

そう言えば、土曜日レースに使ったのに、直後に洗濯に出すと、ヤバイと思って、隅っこの方に暫く前から隠れてた事を装ったつもりだった。いつかはわかるのだが、時間と言うのは便利なもので、少しずつ、感情も薄れて行くものだと思った。

「おいおい、普通のバイクに乗って来ただけじゃないかー」と娘に返した時、「普通なら解るわよねー」と、意味がどう取ったらいいのか分からないセリフを言って、目の前を横切って行く 妻。

先日の水曜日、埼玉医大でCT検査を受け、先生から、「まだ完全じゃないし、固定プレートを抜くのは、2,3カ月後くらいかなー」と言われ、「結局、1年ですね」と肩を落とし病院を後にした。

自分の肩が、完治するまでは、まだ時間がかかりそうだけど、その頃にはきっと家族からの風当たりも弱くなる事だろう。

時間が解決してくれるはずですから?・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月14日 (金)

2010 WR250X

P4210071

今日の、ブログネタになるのは本人も承知している。

高Hさんよ、よくぞ 決めた!これぞ男よ!

トミンの走行会にDトラで参加した高Hさん。

高Nくんに 薦められて、WR250Xを試乗して、気持ちが吹っ切れたようです。

以前から、気になっていた事もあり、ずーっと もんもんとしていた事でしょう。

とは言いながらも、このご時世、 当然ご家庭も御座いますので・・・大変だった事でしょう。

「何か 知らねーうちに、ローン会社の確認の電話に出てた」などとカミサンを納得させる言い訳には程遠いウソを・・・

こらーっ、て 何かウチが売りつけたみたいになってんじゃーん

一応、違うかんね奥さん。ちゃんと本人、了解してっかんね。

まーだけど、言い訳する苦労は察します。

昔から、男は外に七人の敵がいる・・なんて言いますが、最近じゃ 外じゃなく、家の中に天敵がいる・・・みたいになって来てるような・・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年5月10日 (月)

威圧感を感じる・・

P4150069

先週、遅くなったが、M君のお見舞いにこの病院に行ってきた。

入る前の写真だが、何故か威圧感みたいなもの、・・・何か・・・何か感じる。

病棟のナースステーションを通り過ぎたら、「あらっ さっき通った人、主任の旦那さんだわー・・・」と、小声が聞こえた。  しまった気付かれた。何か緊張してきて、えーと20・・・20・・・あれー部屋、いくつだったっけー。やべー 看護師にすれ違うごとに、振り返って見られてるみたいで、このままじゃ不審者だ。 やっぱ聞いちゃおう。

「Mさんの病室はどこでしょうか・・」

「はいー、Mさんですねー えーと・・」

部屋番を言う前に、 顔を下から覗き込むように、「あっ お客さん。 ですかっ」 と。

思わず、「すみません。お世話になってます」

やっぱ、言われちゃいますよねー。去年からずーっと絶え間なくお客さんが入院やら、通院やら、通ってますから。今現在でも、自分も厄介になってる訳で。

旦那はバイク屋で、レースやったりして、危険を承知で推進してて、好きな事やって、ケガした時は、「痛い、お願いしますー治してください」と、看護師(カミサン側)に泣きごとを言う。

このパターンが変わらない限り、ウチの家庭内における、私のタ・チ・バも変わっていく事はない。

だから、わたしはカミサンに「あんな大変な仕事じゃなくて、他の仕事すればー」と日頃から提案してるのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 9日 (日)

最近の常連さんのはなし・・・

P4050020

最近、イベントが多い事もあり、常連さんを中心としてこんなおしゃべりをする事が多い。

カミサンがどこまでバイクの事 分かってるかって・・・

バイクの楽しさとか、の事じゃなくて・・・そう、買い換えた時とか、どこまで違うモノだとわかっちゃうか・・・と言う事。

Tさんは、「ウチはジャンルが同じでカッコが変わんなきゃわかんねーだろーなー」

Sさんは、「色が同じなら、形が違っても大丈夫かも。色が違うときついかなー」

「色が違うんなら、塗っちゃったとか言えばいいんじゃん」と言うと、「あーそれでいけるかもー」と

「それにしても買い増しがなー、うまく言えないよねー」

こんなお客さんいたよー 「友達がもう乗んないんだってーもらっちったー」と

奥さんは、「へー ずいぶんきれいなのにねー新車みたいじゃなーい」

「あいつキレイ好きなんだよー」、とメーターのところ隠しながら・・・

SZさん「おーそれっ行けそーだねー使おー」

Hさん「ウチは、なに買って来ても、言われないよー」

「それって 買っちゃったー。って事後報告作戦ですかー」・・・・・・・・後はひたすら、平謝りー みたいな。

Kさん「あーウチも何にも言われねー、全然分かってねーから。こないで買ったミニモトも分かんなかったみてー」ハハハーッて。

どこん家の旦那も、いろいろと言い訳考えてんすねー。カミさんの顔色覗いながら。

あーKさん、体の調子がちょっとづつ おかしくなってきたら気をつけた方がいいよー

狙われてるよー あ・ん・た

| | コメント (2) | トラックバック (0)